これより旨い毛ガニがあったら教えて下さい。産地直送お取り寄せ通販

MENU

中でも毛ガニが一番旨い!

 

毛ガニの身

カニの食べ方は種類や好みによりまちまちですが、その旨さを最もダイレクトに味わうのなら…、茹でたカニをそのままいただくことでしょう。
そのままといっても、お好みでカニ酢などでいただくのもたいそう美味です。

 

そして茹でたカニの中で最も旨いと断言できるのが 毛ガニ
キメの細かさ、甘み、そしてミソ、どれもとっても正に絶品です。

 

 

カニミソ

黙々と身をホジり、いただいてはまたホジる至福の時…。
気がつけば皆無口になって必死でカニをつついてるな〜んてこともしばしば(笑)

 

特にほぐしたカニの身の上にミソを載せていただけば、これはもうこの世のものとは思えない旨さに悶絶してしまいます。
毛ガニ好きの特権ともいえるほど毛ガニのミソは本当に美味です。
もちろんミソだけでなくきめ細かく甘い肉質も本当に最高ですが!

 

毛ガニはどこで買う?

 

陳列された毛ガニ

カニは近所のスーパーやお魚屋さんでも手に入りますが、こと毛ガニに限っては考えものです。

 

何が考えものかといえば、「身の入り」「茹で加減」

 

身の入りがスカスカだったりすると、これはもう本当に食べるとこも少なくて、そればかりかお味も今一でとても残念な思いをします。

 

そして茹で方と茹で加減、これも味にすごく影響するんですが、特にミソへの影響は多大です。
だってミソがべちゃべちゃで流れちゃうようだと悲惨じゃないですか…。せっかくの毛ガニなのにこれは相当残念です。

 

だからカニを買うなら、それも毛ガニを買うなら絶対に専門店から直接買うべきです。

 

そうすると必然的にネットでの購入になるのですが、これまたどこでもいいというわけではなく、良い販売店に巡りあうのは容易ではありませんでした。

 

毛ガニの肉とミソ

個人的にカニはどれも好きで、よく買います。
好きな順は、毛ガニ > ズワイガニ > タラバガニ。
「よく買います」といってもそれなりにお値段も張るので、平均的サラリーマンのお財布には荷が重い…。
だからよく買いますといっても何かの記念日やボーナスが出た時、それに年末くらいのものです。

 

だからこそ、失敗は許されないんですよね(キリッ)

 

カニはどれも好きと書きましたが、正直言って毛ガニ以外はちゃんとしたスーパーで買えば冷凍ものでも大丈夫。
よほど安いのでなければ十分美味しい。(でも解凍には要注意)
だけど毛ガニだけは何度も書きますが違うんですよ。もうここで買うしかないというほど惚れ込んだ店がありましてね。

 

そのお店のことは後述しますが、カニっていうとなんとなく北海道のイメージですよね?
タラバも毛ガニも北海道…みたいな。(ズワイはちょっと違うけど)
そして北海道の人が一番好きなカニって… なんと毛ガニって知ってましたか?
私はてっきりタラバかと思ったら毛ガニが一番人気なのだそうです。

 

そして、その毛ガニ、北海道の周りは全部海だからロシア方面も含めてどの海域にもいるのですが、捕れる海域によって肉質やキメ・甘みが違うそうですよ。

 

最初はオホーツク海で捕れた毛ガニが美味しいと思いました。まぁ思い込みも多分にあるのですが。
ところが、あるときオホーツクとかそんな遠いところじゃなく、長万部沖の毛ガニを食べたら、これがまた超美味しくてビックリしたんですね。
長万部、イメージ湧きます? 噴火湾(正式には内浦湾)というところなんですが、函館より上で札幌より下の北海道の下のところにくびれたところがあるでしょう?
あのくびれの右側が弧を描いて湾になっていますよね?そこが噴火湾です。(地図載せた方が早かった…笑)
ここで捕れる毛ガニが旨いのなんのってもう絶品なんです。

 

噴火湾

なんで長万部の毛ガニが旨いかというと、旨いものは旨いということで、能書きは特に必要ないのですが、長万部の位置する噴火湾にはたくさんの温泉があって、温泉から湧き出るミネラルが湾に注ぎこむため、毛ガニのエサはミネラルたっぷり。
そのエサをたらふく食べた毛ガニは、必然的においしくなるということのようです。

 

素人が書くとなんだか分かるような分からないような説明になりますが、栄養豊富なエサで育てば、毛ガニも旨くなるというのは何となく想像できました。
そんなわけで、きめ細かい肉質と甘みが形成されるのだそうですよ。
特にその特徴はミソに現れていて、なんと色がオレンジ色というか黄金色なんですね。これはもう茶褐色のものより断然そそられます。そして色だけじゃなくてコク、そうコクが最高!甘みも全然違います。肉質も本当にきめ細かくて甘い。

 

それと、この噴火湾で捕れる長万部の毛ガニですが、資源保護の観点から漁が制限されているそうで、首都圏を初め他の地域には全くというほど出回りません。
私が買ってるお店以外では売ってないのもなんか優越感を感じてちょっと自慢だったりします。(爆)

 

長万部の毛ガニ

 

さぁ、食べたいですよね? 毛ガニ...。
もうそろそろ売ってるところを暴露しますが、旨い毛ガニでも茹で方や下処理がいいから更に旨いわけで、どんなふうに加工するのかだけ書いておきます。

 

洗う

超新鮮なうちに茹でるのはもちろんなんですが、まずは、茹でる前に冷水をかけて砂や泥をキレイ落とすそうです。
何しろ毛ガニは海底を歩いているから当然汚れていますよね。汚れたまま茹でちゃうと最終的に味が落ちるそうで、手間はかかっても大事な工程なんだとか。

 

茹でる

次に茹でるわけですが、海水で茹でるんだそうです。そうすることで塩加減も適度に、また味も際立つとのこと。
ちなみに水揚げされてから茹でられるまで1時間もかからないので新鮮なまま旨みが封じ込められます。

 

締める

茹であがったら真水で15秒ほどすすぐように洗い、最後に濃度1.5%の塩水で冷して締めると完成。
最後に塩水で締めることにより、家庭で食べるときに水っぽくなるのが防げるそうですよ。

 

茹でた毛ガニ

 

ということで、私の大大大好きな毛ガニへの思い入れはおしまいです。
恐らく毛ガニ好きのあなたにも、ぜひ食べて欲しいと思います。

 

長万部の毛ガニが買えるお店は以下ですが他言無用でお願いしますね(笑)

 

 

本当に旨い毛ガニを食べる